ホープ就労支援センターへ見学に行きました | スマイルパークCHOFU

ホープ就労支援センターへ見学に行きました

 今年の八月は雨が続いて、やっと太陽が出てきたと思ったら風がだんだん秋めいてきましたね。

今日は笹塚にあるホープ就労支援センターまでスマイルパークのスタッフの方と利用者さん6名で見学に行ってきました。

 

スマイルパークと同じ私鉄の沿線なので、電車に乗って話をしていたらあっという間に笹塚に着きました。

昔この辺りでお仕事をされていた方もいて、そのころの駅前の様子を聞くと、お店などが増えて以前とはだいぶ雰囲気が変わったそうです。

少し早めに着いたので、駅の改札をでたところにある八百屋さんを見たりしながら事業所までゆっくり歩きました。

 

 

 

 

 

施設に着くとすぐに職員の方が中を案内してくださいました。

入口を入るとすぐにパンやケーキが並んだお店とカフェがありました。

壁にはチョークアート風の大きな絵が飾られていて、木でできたテーブルが並び、奥には手作りのバッグなどの布雑貨が並んでいます。

柔らかいオレンジの照明で、ゆっくり食事をするのにちょうど良い雰囲気でした。

 

そのまま職員の方から施設の概要などの説明を受けました。

現在ホープには調理や接客などを行うA型と縫製を行うB型の作業所があり、その他にも近隣地域のイベントにも参加されることがあるそうです。

とても丁寧に説明してくださり、こちらからの質問にもにこやかに応じてくださいました。

 

お店の奥側に調理室があり、説明のあと中を見せていただきました。

この日は十数名の利用者の方とスタッフの方が作業をしていました。

そのあと2階に上がり、縫製の作業室と休憩室、相談室を見に行きました。

1階に戻ってから先ほどのカフェでお昼をいただくことになりました。

手作りのパンはとても柔らかくて美味しかったです。

シフォンケーキやプリン、アップルパイなどもどれも好評でした。

 

作業所は一般就労までの訓練として利用する方や、社会参加の機会として利用される方などさまざまな事情に合わせて通うことができる場所だと思います。

私自身も体調を崩した後、最初の社会との接点として家の近くにある作業所に通うことで生活のリズムもでき、そこで色々な人と接することで前向きになることができました。

渋谷区にはA型の作業所はまだここの1か所しかないそうですが、これから同じような事情を抱える方のためにこのような場所が増えてくるといいですね。

ホープ就労支援センターのリンクはこちらです。↓

http://www.hopewwj.org/jobassist.html