調理実習第三十二弾! | スマイルパークCHOFU

調理実習第三十二弾!

    季節は秋の中盤にさしかかりましたが、事業所の前の歩道ではまだひまわりががんばって立っています。

このところ日ごとの気温差が激しくて、何を着ていいか困る毎日です。

時折晴れた時にはきれいな10月の空を楽しんでいます。

 

今月の調理実習は焼きそばとわかめスープとスイートポテト。

凝ったメニューの前回と比べてシンプルになりました。

 

焼きそば班は、焼きそばとコンソメスープを作りました。

まず何よりも最初に驚いたのは、キャベツの値段です。

一玉480円なんです!!

さすがに、その値段ではキャベツが買えず、結局職員さんが寄付してくれました。

 

まずは、みんなで手分けして野菜を切ります。

もやしも今回は丁寧にヒゲ取りをしました。

今回は二台のホットプレートを使って、野菜と肉を炒めます。

同時にコンソメスープも作り始めます。

コンソメスープの具は、わかめと玉ねぎ。

 

焼きそばの具が炒まったら、さあ麺を入れます。

13人分の麺なんて、初めて見ます。

ホットプレートに入りきるか不安でしたが、無事に入り少量の水を加えて炒めます。

少し蒸し焼きにして焼きそばの出来上がりです。

そうこうしているうちにスープも煮えてきて、味を調節して出来上がり。

 

スイートポテトは皮をむいて切ったサツマイモを電子レンジで加熱してボールでつぶし、バター、卵、豆乳、ケーキシロップを加えて混ぜます。

最初はマッシャーでつぶしてみたのですが、なかなかの力仕事で、ここでも職員さんに持ってきてもらったフードプロセッサーが大活躍しました。

 

今回の作り方はフライパンにクッキングシートを敷いた上に生地を平らに乗せて焼くというもの。

全ての材料を混ぜた時点で水気が多いような気がしたので形が出来上がるか心配だったのですが、底の方にうっすらと焼き色が付いたところで取り出してお皿にひっくり返してみると、きちんと丸い形になって包丁で切り分けることができました。

食べてみると、さつまいも本来の素朴な味わいがして美味しかったです。

 

利用者さんと職員さんが総勢13名。二つのフライパンで作ってそれぞれ8等分し、余ったポテトは懐かしの“おかわりじゃんけん”で分けることになりました。

 

焼きそばのほうも結構量が多かったのか、数人分のおかわりがありましたが、好評で完食です。

焼きそばが、二つあるうちの一つが少し水っぽくなってしまったのが、唯一の反省点ですが、あとは問題なく、スムーズに作れて美味しく食べました。

 

今回は調理実習に初参加の利用者さんが2人いました。

メニュー決めや調理の方法も、人が増えることでこれから新たな発想が加わっていくといいですね。

 

dscn1302dscn1335dscn1340dscn1346dscn1354